GNO3戦線記

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
GNO3オフィシャルHP

リンクフリー! GNO3関係のブログ、ファンサイトなどの相互リンク募集中!

【特集記事】初心者講座

 第1回 最初にやること
 第2回 パイロット選び※第5クール大幅修正あり(記事未対応)
 第3回 MS開発
 第4回 任務とMP
 第5回 消費アイテムを使おう
 第6回 大規模任務に参加しよう!
 第7回 優先武器を理解しよう
 第8回 フォーメーションのカスタマイズ
 第9回 フォーメーションカスタマイズを活かす

コラムピックアップ】

 作戦別MS登場表(第15クール新MS追加版)
 ジオン公国軍開発図(第10クール確定版)
 アクシズ開発図(第10クール確定版)
 ネオ・ジオン開発図(第10クール確定版)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 12クールのアップデートの予告がでました。ひとつずつ見ていきましょう。

公式HP「第12クールのアップデートについての予告」
(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents.php?id=556)



 ■機体・開発
 ・「★改良システム」の実装
  機体を「制限機」化して性能を大幅に強化する「★改良」が行えるようになります。


公式HP「【システム・その他】「★改良」が可能に!」
(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents_update_2012_10_001.html)


 今回の最大変化です。
 これまで改良は、☆機を作るのみでしたが、制限機となる新しい★機が登場することになりました。

 まだ、詳細はわかりないですが、☆機よりも★機のほうが強いかわりに、改良P等が多くなっています。

 この修正は、先行開発機が制限機になるという非常に大きな変化で、通常の制限機と同等の技術レベルの制限機が1週早く開発できるということを意味しています。
 このため、いくつかの制限機は、重要性が下がる可能性がありますね。

 さらに、先行開発機の制限機が必須になってくると、かなりの開発Pが必要となります。
 無計画に開発していくと簡単に開発Pが尽きるため、開発する機体をしっかり見極めなければなりませんね。


 ・「特殊機体」の追加
  「特別補給」で補給可能な機体が追加されます。


公式HP「【新型機体】第12クールも特殊機体を多数追加!」
(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents_update_2012_10_002.html)


 特別機体が少数追加されます。

「多数」というのは、過大広告ですね。
 1勢力1クール全部でわずか4機のみ。
 通常の開発での追加はない模様で、ゲルググキャノンや高機動型ゲルググが実装される気配はなく、以前、ユーザーに行ったアンケートは、もうなかったことになってきています。 

 すでに、GNO3の開発力は、低下の一途といえるでしょうね。


 ■その他
 ・マーケットの仕様変更
  出品されている機体を、種別ごとにタブで切り替えて表示できるようになります。


 クール後半、とくに勢力合流後、あまりにも種類が多くなりすぎていたので、やっと調整がはいります。


 ・アイテム補充の仕様変更
  アイテムを10個まとめて補充できるようになります。


 アイテムの補充が10個まとめて行えるようになります。
 これだけでも、苦痛でしかなかったアイテムの補充が、少し簡単になるよい変化でしょうね。

 ただ、どういう形になるのかによって、微妙に変わりますね。10個がランダムな種類なのか、今までのように4種類から選んで10個にするのか。
 実装後に確かめましょう。


 ・申請ポイントの変更
  クール開始時に配布される特別補給の申請ポイントが「250+戦功の1%」になります(端数切捨て)。
  また一部の特殊機体の申請ポイントが変更されます。


 前クールは300Pでしたが、次は、戦功によって変わります。
 仮に、大将の5万ちょうどだとすると、750P。中将の2万で450P。大佐の1000なら、260P。
 大尉の250なら、端数が切り捨てであれば、252Pということになります。

 開幕時の戦功で、途中補給できないため、クール開始時の総戦功が影響しますね。


 ・敵部隊の強さの調整

 これは、いつもの調整でしょう。
 本来は、旧来の役立たずMSの調整もしてほしいものなのですが。



 今回は、数としては、小規模です。
 ただ、★機の実装は、プレイヤーの選択肢をほぼ倍にするといえ、また、各週の最強機が変わってくる大変化ですね。

 開発前に☆機と★機の違いを確認して開発できればいいんですが……。


 とりあえず、実装されてから要確認、ですね。

 第11クールより、特別補給や☆任務も導入され、報奨機も考慮すると、どのMSが強いのか、あえて開発する必要があるのか、など選択が難しくなってきました。

 そこで、週別に、距離4の武器を持つ射撃機の性能を、単純化した下の計算式で数値化して、比較してみたいと思います。

 威力×命中/100=射撃P

 兵器の詳細を見ると、威力は、100×5のように表記されていますが、そのまま掛け算。
 命中は、射撃適正4が明るい場合に+3した数字を用います。

 本来は、地形適正や移動、先制といったパラメーターなど、考慮すべきものは、非常に多いのです。
 特に、その時の敵軍の壁となる装甲と回避を考慮しなければ、正確な性能比較はできないのですが、複雑になりますので、今回は、一切考慮していません。

 実際に開発する際などは、それらが反映されていない旨、十分考慮の上、参考にしていただきますよう、お願いします。


※略称
通常:その技術レベルで開発できる通常機体(改良)。
先行:先行開発の通常機体(改良)。
旧型:以前の技術レベルで開発できる通常機体(改良)
制限:制限機。
報奨:報奨でもらえる制限機。通称+機体。
☆任:☆任務で低確率で鹵獲できる敵改良機体。
特別:特別補給の機体。

:搭載
:威力
:命中

:距離4の射撃特性が明るい
:距離4の射撃特性が暗い

:切り払い可能
×:切り払い不可

AP(数値):AP武器。数値はAP値。


[週別性能比較―射撃機(第11クール)]の続きを読む

 先行開発が可能な機体もあわせて、どのレベルで登場してくるのか、作戦ごとにまとめた表です。

 先行開発が可能な機体は、本来の技術レベルより1段階早く記載しています。
 そのため、通常機であっても、そのレベルで鹵獲不可能な機体が含まれている点に、ご注意ください。
 特別補給機体は、「」で括ってあります。
  は、☆任務で鹵獲できた機体です。

 作戦名は、最終戦後のエンディングで表示された大規模任務の名称に統一しております。

大規模任務 
技術レベル
地球連邦ジオン公国
デラーズ・フリート
シアトルの戦い 
2
61式戦車
初期型ジム
セイバーフィッシュ
先行量産型ボール

ボール
陸戦型ガンダム
陸戦型ジム
ガンタンク
ガンキャノン
「ザニー」

ジム
ジム・キャノン
ジム指揮官用
ジム・スナイパー
ジム寒冷地仕様
アクア・ジム
陸戦強襲型ガンタンク
ドップ
ザクⅡF型
マゼラ・アタック
ザクⅠ

プロトタイプ・グフ
高機動型ザク改良型
アッガイ
ザクⅡS型
ザクⅡF陸戦型
「ザク強行偵察型」 

グフ
宇宙用高機動試験型ザク
ゴッグ
ザクキャノン
ヅダ

オデッサの戦い
3
プロトタイプ・ガンダム
「ジム・コマンド/MT」


ジム・コマンド地上用
ジム・コマンド宇宙用
Gファイター
陸戦用ジム
ガンダイバー 
ザクレロ
ゾック
「グフ/RR」


ドム
ズゴック
ザクⅡF2型
高機動型ザク後期型
ギガン
ジャブローの戦い
4
ガンダム
ガンダムEz8
「陸戦型ガンダム/08」 

ジムSC
ジム・ライトアーマー
量産型ガンタンク
ジム・スナイパーⅡ
デザート・ジム
グフ・カスタム
ビグロ
「高機動型ザク後期型/JR」
 

リック・ドム
ゲルググ
ザクⅡ改
ハイゴック
ソロモンの戦い
5
G-3ガンダム
フルアーマーガンダム
「ガンキャノン(SML)」

パワードジム
ジム改
ジム・ストライカー
ガンキャノンⅡ
ギャン
エルメス
ゲルググ初期量産型
「ゲルググ初期生産型/AG」

リック・ドムⅡ
ドム・トローペン
ケンプファー
ゲルググJ
ズゴックE
オッゴ
ア・バオア・クー
の戦い
6
NT-1アレックス
アレックスFA
「ジム・スナイパーⅡ」

ジム・キャノンⅡ
ジム・カスタム
RX-81スタンダード
ジオング
「高機動型ゲルググ/JR」

ドラッツェ 
ゲルググM
ガルバルディα
阻止限界点の戦い 
7
GP-01
GP-01Fb
GP-03S
GP-02
(ビーム・バズーカ装備)
「ジム・カスタム/SB」 
ガーベラ・テトラ
ザメル
ヴァル・ヴァロ
ゲルググM・S型
「ゲルググM・S型/CG」
※太文字は、制限機です。



大規模任務
技術レベル
エゥーゴティターンズジオン共和国
アクシズ
ジャブロー降下戦
8
ジムⅡ
リック・ディアス

メタス 
ガンダムMk-Ⅱ
ネモ
「ガンダムMk-Ⅱ
/KB」 

ディジェ
ガンダムMk-III
フルアーマー
ガンダムMk-Ⅱ
ガンキャノン・
ディテクター
ガルバルディβ
アッシマー 
ヘイルズ改

ハイザック
ハイザックカスタム
マラサイ
ガンダムMk-Ⅱ
「ガンダムMk-Ⅱ
/JM」

ガブスレイ
ボリノーク
・サマーン 
ガルバルディβ
ペズン・ドワッジ

ハイザック
ハイザックカスタム
ガッシャ
ディザート・ザク
「ハイザック
/ZR」  

ガザC
リゲルグ
ドワッジ改
ニューホンコン 
の戦い
9
百式
「リック・ディアス
/QV」 

スーパーガンダム
ネモⅢ
フルアーマー
ガンダムMk-Ⅲ 
ギャプラン
メッサーラ
「ヘイルズ改
/TC」

バーザム
ハンブラビ
ゼク・アイン
第一種兵装
ゼク・アイン
第二種兵装
アクト・ザク
「ガザC/HK」
 

ドライセン
ガザD
ガルスJ
シュツルム
・ディアス 
ダカールの戦い 
10
Zガンダム
百式改
「スーパーガンダム
/ES」 

ジムⅢ
リック・ディアスⅡ
ZプラスC型
ZプラスA型
バイアラン
「ハンブラビ
/YG」

バウンド・ドック
パラス・アテネ
ゼク・ツヴァイ
キュベレイ
「ガルスJ/MS」

バウ
ズサ
カプール
コロニー・レーザー
攻防戦
11
フルアーマー
百式改
「Zガンダム3号機」
 
ジ・O
「バウンド・ドック
1号機」
ハンマ・ハンマ
R・ジャジャ
「バウ/GT」
※太文字は、制限機です。


大規模任務
技術レベル
地球連邦ネオ・ジオン
 ダブリンの戦い
12
ZZガンダム
バイアラン・カスタム
百式改量産型
ディジェSE-R
FAZZ 
 「Zザク」

ZⅡ
キュベレイMk-Ⅱ
ガ・ゾウム
ザクⅢ
ジャムル・フィン
ガルスK
 
「ザクⅢ/RD」

ドーベン・ウルフ
量産型キュベレイ
コア3の戦い 
13
フルアーマーZZガンダム
Sガンダム
「強化型ZZガンダム」

ジェガン
リ・ガズィ
リ・ガズィ[BWS]
ゲーマルク
ザクⅢ改
キュベレイMk-Ⅱ/PT

ギラ・ドーガ
ヤクト・ドーガ
アクシズの戦い 
14
νガンダム
「デルタプラス」
サザビー
「クシャトリヤ」
※太文字は、制限機です。

 第11クールが開幕しました。

 修正は、わずか2点。通常の追加MSもありません。

公式HP「第11クールのアップデートについての予告」
(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents.php?id=511)


・「特別補給システム」の実装
・「☆任務」の追加

 ふたつしかありませんが、しかし、このふたつは、大きな変化です。

 まず、特別補給システムから見ていきましょう。

特別補給1


 特別補給は、通常の「機体補給」内の左下にボタンがあります。
 初めて見たときは、気づかず、少し探し回りました。

特別補給2
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 この画面が「特別補給」です。現在は、公開されているクール前半6機のみが表示されています。

 なお、追加されているMSは、こちら。

公式HP「【新型機体】第11クール前半の特殊機体12機を発表!」
(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents_update_2012_07_001.html)


ザク強行偵察型
グフRR
高機動型ザク後期型/JR
ゲルググ初期生産型/AG
高機動型ゲルググ/JR
ゲルググM・S/CG


 とりあえず、微妙に性能が異なるということですが、過去のゴールデンタイム任務などで特別に登場したMSたちです。

 問題は、300Pの申請ポイントの使い方。FAQでは、途中で増えないと明記されているので、クシャトリヤなど、後半の機体に何P残さないといいのかわからないため、前半では、非常に使いづらいというのが、何も情報がない第11クール前半の現状です。

 もちろん、どのMSも、一歩リードできる高性能MSだけに、温存するか、序盤から導入していくのか、賭けに出る必要がありますね。



 そして、「☆任務」の追加を見てみましょう。

公式HP「【システム・その他】『☆任務』実装のお知らせ」
(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents_update_2012_07_002.html)


 簡単にまとめますと。

・日曜日・月曜日の限定任務
・敵軍の☆機が鹵獲できる。
・毎週鹵獲できる☆機体は変わる。
・専用エンブレム(12種)がもらえる


 毎週変わるということから推測すると、鹵獲できる☆機は、通常の鹵獲可能任務と違って固定されるようですね。

 最も敵の☆機がほしいタイミングといえば、ジオン共和国となった直後。先行開発機は無理だとして、ガンダムMk-Ⅱ☆が手に入ると大きそうですが、ネモ☆メタス☆だと、やる価値がなさそうです。

 これも、オフィシャルのバランス感覚しだいなのですが……どうか、量産型キュベレイ☆などを敵に渡すのに、こちらには、FAガンダムMk-Ⅱ☆は、もらえないような不公平は、止めてほしいものですね。

 ネオ・ジオンの開発図を更新します。

ネオ・ジオン開発図_第10クール確定
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 前期のみと思われていたプレミアム機体ナイチンゲールが今期も登場。補給が52000P少なくなりました。

 今後とのぜひレギュラー化してほしいですが、新仕様も発表されており、それしだいでは、その価値は下がりそうです。


 また、今期の追加は、ガルスKでした。これは、ガ・ゾウムよりも軽量なMSでしたが、それ以上に性能が悪すぎて、使用している人をほとんど見かけないMSでしたね。

 VPオンリーのMSばかりで、今期MP中心のジオンプレイヤーにとって、まったく何も新MSがなかったような感覚に陥ります。
 次のクールから新仕様もあるので、様変わりすると思いますが、通常のMSの追加も続けていってほしいものですね。

Before  | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。