GNO3戦線記

変形しても大差なし-ジャムル・フィン-

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文字色 時代移行が完了し、新MSジャムル・フィンが開発できるようになりましたので、画像をのせて、見ていきたいと思います。

・ジャムル・フィン
ジャムル・フィン
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


・ジャムル・フィン[MA]
ジャムル・フィン[MA]
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 MS形態からMA形態に変形しても、移動+1、先制+5、回避-3のみで、武装など全く同じという機体でした。

 移動が両方宇宙専用なので、壁で使うなら、MS形態で。射撃ならお好みですが、移動が高いMA形態で使うのが基本となるでしょうか。

 肝心の性能を同時期のMSと比べると、最大の特徴であるはずのハイ・メガ・キャノンは、特に高性能ではありませんでした。
 旧時代のバウに比べると高い性能ですが、同時に出るザクⅢのほうが、搭載1差ですが、威力・命中ともに高く、優秀です。

 修理値もザクⅢのほうが低いので、VP用射撃としても、ザクⅢが基本的に上でしょう。

 ただし、移動力の高さがウリなので、射撃機の移動力の高さを重視するなら、ジャムル・フィン[MA]も、やや劣るとはいえ、大差はないので、出番があるかも。

 壁性能は、盾なしのガ・ゾウムよりは上ですが、盾を持つザクⅢより回避・装甲-1のHP+4。微妙に劣りますが、VPの回避機動壁として使う人もいるかもしれません。


 任務だと、先行開発できる量産型キュベレイという高性能機があるので、こちらの☆機が多く使われると思いますが、移動力の高さや搭載の低さ、修理値の関係上などを考慮して、ジャムル・フィンを使うという人もいるかもしれませんね。


 結局、期待された射撃もたいしたことがなく、大規模任務も地上というタイミングであるため、活躍の場が非常に少なそうです。
 せめて修理値がザクⅢより低ければ、VPなどで見かける機体となったかもしれないだけに、この性能では、新型機が導入された意味が全くないといってもよさそう。

 連邦は、ほしいタイミングでの支援射撃一般機なので、強化されたはずですが、残念ながらアクシズは、何も変化なしということになりましたね。
 せっかくの新型導入でも、これでは……

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。