GNO3戦線記

ゲルググM・S型

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今クール追加された1年戦争期の2機目。制限機のゲルググM・S型の性能が判明しましたので、画像とともに見ていきたいと思います。

・ゲルググM・S型
ゲルググM・S型
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 ゲルググMの指揮官用ということで武装の名称などは変わりませんが、制限機ということで大幅に性能が向上しています。

 しかし、比べるなら同時に登場するガーベラ・テトラのほうがいいと思いますので、こちらも、今クールの微調整が入ったデータと比べてみましょう。

・ガーベラ・テトラ
ガーベラ・テトラ
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 両機体ともシーマ・ガラハウが搭乗し(ゲルググM・S型は専用機で色違いですが)、ガーベラ・テトラに乗り換えたという経緯があるため、当然、ガーベラ・テトラより軽量・低性能制限機だと想像されていましたが、やはり、一段階搭載が低く設定されています。

 しかしながら、可動盾を持ち、回避も1しか差がないため、なかなか優秀といえるでしょう。
 全体的に性能がダウンしているため、余裕があるなら、回避起動も使えるガーベラ・テトラがいいですが、エルメスと同搭載であるため、搭載合わせ編成もしやすく、使い勝手はよさそうに見えますね。

 なお、攻撃面は、距離2までの武器しかないため、やはり射撃はエルメスジオングガーベラ・テトラに任せたほうがいいでしょう。


 ただ、搭載が1しか違わないため、壁性能も射撃性能も高い、ガーベラ・テトラを開発する人が多い気もするので、あまり見かけないMSになるかもしれませんね

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。