GNO3戦線記

R・ジャジャ

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 期待の新制限機R・ジャジャが先行開発の位置で性能が判明したので、画像とともに見ていきたいと思います。

・R・ジャジャ
R・ジャジャ
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 搭載19の高回避の回避機動機でした。
 同時に登場するハンマ・ハンマと比べてみましょう。

・ハンマ・ハンマ
ハンマ・ハンマ
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 ハンマ・ハンマは盾持ちで、回避-6、最大HP+26の差があります。搭載が2違うと考えると、R・ジャジャの回避の高さが目につきますね。任務用編成などでキュベレイハンマ・ハンマに対する低壁としても使いやそう。
 ただし、原作では、キャラ・スーンが搭乗しましたが、残念ながらNT対応機ではありません。原作の設定どおりですから、仕方ないところ。


 攻撃面は、搭載差ほどではないですが、やはりハンマ・ハンマのほうが射撃性能が高いです。キュベレイも高性能なファンネルがありますし、あえて実弾が必要という場合以外は、射撃としての出番は、少ないかも。

 しかし、格闘性能は、威力がやや低いですが、87というかなり高い命中で、期待値は、上回ります。前衛機の格闘をダメージソースとして考えてはいけないですが、格闘好きには、うれしい性能ですね。


 搭載を+1できるパーツがあれば、キュベレイの前の低壁として、しっかりと守ってくれそうな性能。
 しかしながら、この週は、脅威のジ・Oが登場してくるので、それに対応できる機体が望まれたのですが、そこまでの高性能機ではありませんでした。

 とりあえず、変なバランスの機体ではなかったので、つかってみたいところですが、搭載値合わせの編成には、キュベレイなどよりも搭載がやや低めなのが編成上のネックになりそうですね。

 前クール、アクシズに新制限機がなかった分を取り戻せるかは、微妙な登場時期・性能ではありますが、一応、開発してみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。