GNO3戦線記

初心者脱出! 実践型フォーメーション講座。

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 初心者講座にて、フォーメーション講座を2回に分けてやりましたが、今回は、その続編。初心者向けではなく、やや中級者向けとなっています。

 わたしは、速攻以外の面では、既存フォーメーションをつかってボーナスを得ることよりも、カスタマイズのほうが有効だと思っていますが、それも使い方次第。
 今回は、3つの利用法をご紹介したいと思います。

 なお、今回の例は、わたしが使っているものをベースに例をつくっていますが、しのぎを削る上位ランカー向けではありません。上位ランカーになるには、別の考え方も必要となってくるため、独自の工夫が必要ですので、あしからず。

 長くなりますので、本文は、追記にて。

1.後方遅延が可能
 すでに、VPでは、当然のように使われている後方遅延スタイル。これは、当然、既存フォーメーションのままでは、できませんね。

 先に敵を動かし、おびき寄せて一斉に叩くイメージでしょうか。

 利点としては、先制値が少々各機ばらばらでも、途中、敵に割り込まれにくいことと、1ターン目に敵後方の攻撃を受けずに、ただ移動だけにすることが可能な点でしょう。

 また、敵のAIが近MS狙い以外の場合でも、6ヘックス以上離れると、近狙いとして行動するので、最初離しておくことで、後方の機体が狙われにくくなるという状況もあるかもしれません。

 デメリットは、先制が高く、圧倒できる戦力差がある場合、遅延するより、速攻で敵を倒すほうが当然早く終わるので、その場合は、別のカスタマイズや、既存フォーメーションの速攻シフトや攻撃シフトのほうがよくなる場合も多いですね。


 まず、このフォーメーションを使うときに注意するのは、先制値です。
 せっかく後方に配置しても、1番機の先制値が高くて先に動いてしまえば、1ターン目にただ移動するのは、自分ということになってしまいます。

 そこで、わたしがときどき使うスタイルが、次のような形です。

フォーメーション-後方遅延例
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 この図では、1番機をあえて射撃機にしています。NPCとの先制値の差で、早く動きやすい壁隊長を2番機にして、後方の壁から動かすように設定します。それでも先に動く場合は、先制がさがるパーツをつけることもありますね。

 なお、並べる位置は、これ以外にもいろいろあります。壁を2機にする方法など、様々なスタイルがありますので、試してみるといいでしょう。
 敵のNPCのフォーメーション、AIなどをしっかり確認し、それに対応できれば、もう中級者。いろいろ試してみてくださいね。


2.射撃機をすべて遠距離に配置できる
 既存フォーメーションでは、4機フォーメーションの壁2機には、中距離を使わないものがいくつかありますが、5機になると護衛・防御型をのぞき、中距離の攻撃重視というスタイルが存在します。
 中距離の攻撃重視というのは、命中率も高く、弱いわけではありませんが、攻撃重視のまま敵に近づくため、撃墜リスクも高くなってしまいますね。

 そこで、カスタマイズです。4機編成で、壁1機の3射撃や、5機編成で、射撃を遠距離に設定してしまうだけ。

フォーメーション-3機遠距離例
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 配置もさまざまありますが、ばらばらに動かないように、まとまって動くようにイメージして配置するほうがいいでしょう。

 4機1壁の既存フォーメーションでは、攻撃シフトと護衛・攻撃型がありますが、それぞれ中距離がはいりますが、それをそのままの配置で、中距離を遠距離に変えるだけでも、勝率があがることがあります。

 ただし、壁が十分に強くなければ、壁1というのは、総崩れになりやすいというリスクもあります。大規模任務など敵PCとの対戦が主な時は、撃破される前に射撃機の火力で押し切れるか、十分に検証してから使いましょう。

 また、AIは狙いをあまりいろいろにせず、基本は近MS狙いを中心に。1番機護衛は、まとまりやすいメリットもありますが、後方が先に狙われたときに、そちらを無視してしまうことがある点に注意が必要ですね。

 わたしは、近MS狙いを中心に、次の低HP狙いを混ぜるようにしています。



3.射撃機に低HP狙いを設定できる
 AIを自由に狙いを設定できるのもカスタマイズの最大のウリですが、その中で、最も効果的なのは、敵HP狙いを射撃に設定できることだと思います。

 既存フォーメーションでは、低HP狙いが前衛で、回避重視のため、突入が目的です。しかし、射撃機を低HP狙いにはできません。

 射撃機が低HP狙いになると、突入目的ではなく、今度は、敵の機数を減らす掃討が目的となります。

 これは、見た目以上に効果的で、攻撃力が飛躍的にアップすることがありますね。近MS狙いと組み合わせて、近づいてきた敵を確実に撃墜していくイメージで配置してみましょう。


 ただし、全機低HP狙いにすると、今度は、敵の後方に突撃しはじめてばらばらになることがあります。数機は、まず近MS狙いで、近づいてきた敵にダメージを与え、その後、低HP狙いが仕留めていくのが理想的。
 これは、どのようなカスタマイズでもいえることですが、あまり極端にしすぎると、かえって汎用性がなくなり、事故率が高まってしまうことがあります。
 ベースは、近MS狙い中心で構成することを心がけましょう。


 以上、今回は、わたし個人がつかってる、より実践的な講座です。
 初心者講座よりも、やや個人的な考え方が多くなっていますので、人によっては、異なる考え方もあるかもしれません。
 また、紹介したフォーメーションですが、わたしも、そのままつかっているわけではありませんので、あしからず(わかりやすいように、MSを入れ替えてます)。

 いろいろ試してみることがカスタマイズを使いこなすコツです。細かな調整して、なんども試しながら、カスタマイズを極めてくださいね

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。