GNO3戦線記

一周年記念キャンペーン

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 一周年記念キャンペーンが発表されました。

●公式HP『GNO3一周年記念キャンペーン』
(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents_update_2011_02_002.html)


 まずは、一周年記念のパーツ配布です。
 
GNO3一周年記念パーツ

 性能は、これまでの配布パーツ中では、最高の性能です。レアなパーツ類とは、比べられるものではありませんが、パーツがそろっていない方は、選択肢になりえるでしょう。


 そして、注目は、一周年記念追加機体です。

 長期で発表された機体11機のうちなので、どこが一周年記念なのか、疑問ですが。
 それぞれ、詳細を確認していきましょう。


●地球連邦軍
・Sガンダム

 技術レベル13の制限機で、スペリオルガンダムの略称です。
 この技術レベルには、すでに、フルアーマーZZガンダムがありますので、どう差別化されるかに注目ですね。

 これは、TV映像になったことがない機体で、ガンダム・センチネルというプラモデルなどの雑誌企画のシリーズです。
 これまでもゲームに登場することがありましたが、その性能は、高く設定されることが多いですね。

 系統としては、Zガンダムの後継機にあたります(ZZガンダムは、開発系統的には、異なるラインの機体)。

 最大の特徴は、いろんなパーツとの変形合体できるということ(設定を正確に表記すると「複合兵装システム」)。
 もっとも有名なのは、Gクルーザーと合体したEx-Sガンダムなどがありますね。

 今回は、コア・ブロック部分であるSガンダムですが、これだけでも高い性能を持ち、豊富な武装をもつ機械です。
 特に、ガンダム・センチネルで設定されているインコムは、有線式のオールレンジ攻撃用兵器です。この技術がネオ・ジオン側に渡ってドーベン・ウルフのインコムとなっているのですが、Sガンダムは、より完成度が高いものとなっているようですね。

 また、自律制御システムALICEという、無人で動かせるシステムも積んでいるが、封印されているとか、いろんな設定もあります。

 とりあえず、無人で動かせるという仕様は、封印されていますし、ないと思いますので、基本的には、硬くて、変形できて、有線オールレンジももってて、豊富な武器があるZガンダム後継機ということでいいでしょう。

 本気で、強そうですね。


●ネオ・ジオン
・ゲーマルク

 ネオ・ジオンも技術レベル13の制限機となりました。
 ネオ・ジオンでは、この技術レベルに制限機がなかったので、これまでネオ・ジオン側が、かなり不利になっていたのですが、多少追いつけるでしょうか。

 ゲーマルクは、紹介文にもあるとおり、NT専用の重MSです。
「重」というのは、さまざまな武装をもっていて大型化した火力機ということですね。

 豊富な武装の中でも、もっとも特徴的なものは、2段階に展開する独特なファンネルです。
 設定では、ジェネレーターが内蔵された大型のマザーファンネル2機が装備されていて、この中にさらにそれぞれ14機のチャイルドファンネルという小型のファンネルが内蔵されています。
 一般のファンネルビットは、エルメスのビットやνガンダムのフィン・ファンネルのように大型化してジェネレーターを内蔵しなければ、広域展開することができませんでしたが、マザーファンネルが母艦のような役割をするため、小型のまま広域に展開できるようになっています。

 まあ、でも、GNO3では、距離4までなので、距離5以上に展開できる可能性はないでしょうが……。

 また、解説にあるとおり、ハイパーメガ粒子砲1門をはじめ、2連メガ粒子砲、3連メガ粒子砲、メガ粒子砲などが各2門と、無数のメガ粒子砲が実装されています。
 さらに、通常のビーム・ライフルに加え、2連装ビームランチャーやメガ・ビームカノンなども設定されています。
「火力を極限まで~」という解説文どおりの武装に期待したいところですね。

 ただし、機動力は、期待できません。移動力が物足りなくて……ということも考えられますので、移動力を増やすパーツが使えるかもしれません。



 とりあえず、ネオ・ジオン的には、制限機の隙間が埋まるのですが、壁機体となる制限機が少なそう(搭載しだいですが)なので、どうなるか。
 また、連邦側は、強力な壁機体がそろっている中で、強力なオールレンジ攻撃などがありそうなSガンダムが、うまくハマルと、恐ろしいことになりそうですが。

 とりあえず、性能が判明する4週後、詳細を見てから、再度判断したいですね。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。