GNO3戦線記

「ポケットの中の戦争」実装

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■公式HP「『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』
追加機体公開」

(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents_update_2010_10_001.html)


 第4クールより、OVAの「ポケットの中の戦争」のMSが4機ずつ、8機が実装されることが発表されました。

 登場時期は、0080ですので、一年戦争終戦期ですが、1週増えるわけではないので、技術レベル6ぐらいでしょうか?

 各機体については、追記に書きますが、見た目の第一印象からすると、制限機が2機増える連邦と、一般機だけのジオンでは、戦力差が激しくつくのではないかという懸念ですね。

 先行開発ができないとか配置数に制限があるとはいえ、現状の制限機のスペックが、一般機に比べて、デメリットを大きく上回る性能である上、鹵獲できるので、敵側も1週遅れで利用可能な機体であるということです。
 もし、今回の新実装される一般機が制限機に迫る能力だったとしても、それが鹵獲されることを考えると、制限機が一方だけというのは、バランスを欠くのではないかと、恐れています。


 また、同時に発表された1年戦争時のMSの機体調整の影響も心配されます。
 こちらは、実際に機体性能をみなければわかりませんが……。


 それでは、追記にて、追加機体のMSを詳しく見ていきたいと思います。

地球連邦軍
NT-1アレックス
アレックスFA
ジム・スナイパーⅡ
ジム寒冷地仕様


 NT-1アレックスは、ガンダムがアムロの反応に追いつけなくなったため、レスポンスを向上させる必要にせまられて、開発された機体ですね。
 OVAでは、クリスチーナ・マッケンジーが搭乗していますが、あくまでも彼女は、テストパイロットであり、アムロ・レイ専用機として開発中でした。

 NTと付いていますが、当時の連邦軍には、ニュータイプという概念がなかった、もしくは、懐疑的だったため、ジオンのサイコミュのようなシステムがなく、レスポンス向上のために、関節部にマグネット・コーティングを施し、機体各部に姿勢制御バーニアを増設し運動性を向上させています。
 しかし、この調整は、いわゆる遊びがなく、機敏に反応しすぎるため、メカニックには「こいつをまともに扱えるのは一種の化け物」といわせるほどです。

 とりあえず、GNO3では、基本的に誰でも搭乗可能で、NT覚醒してなくても、十分な性能を発揮し、NTなら先制・回避にボーナスが付くという仕様になると思われます。

 史実的には、未完成のままなのですが、かなりハイスペックな制限機となると思われ、これに対応する機体がジオン側に存在するのか、きわめて疑問ですが……。
 G-3ガンダムとともに、きわめて高い回避力を発揮することになるでしょうね。


 アレックスFAは、NT-1アレックスに、チョバムアーマーをつけた装甲タイプですね。
 FAガンダムのように武装が追加されているわけではなく、分厚い装甲がつけられたもの。
 改造パーツにも同名のパーツがありますね。

 このチョバムアーマーは、ナイロンによるマイクロメッシュとチタニウム合金のシートを積層したハイブリッドアーマーという設定です(よくわかりませんが)。

 さらに、大幅な重量増加による機動性低下を補うため、肩部に補助バーニア、腰部にスラスターが追加されていて、見た目の印象ほど鈍化していません。

 また、チョバムアーマーをパージするシステムもあるのですが、GNO3で、ダメージによりアーマーがパージされてNT-1アレックスになるかどうかは、不明です。もしあれば、とんでもないことになりそうですが……。


 ジム・スナイパーⅡは、ジム・コマンドのスナイパータイプです。
 勘違いされやすいのですが、ジム・スナイパーカスタムの改良ではなく、ジム・コマンドをベースに、狙撃用ビーム・ライフルなどを装備させた高性能機体ですね。

 カタログスペックはガンダムを上回り、ゲルググに単体で対抗できる数少ない機体とされています。

 過去のGNOシリーズを含め、ガンダムのゲームでは、その高性能さが際立つ銘機ですが、今作では、一般機が同時期の制限機と比べると、あまり高い性能ではないため、どうなるのでしょうか。


 ジム寒冷地仕様も、ジムではなく、ジム・コマンドのバリエーションとして開発が予定された機体でした。

 しかしながら、ガンダムが寒冷地でのテストができなかっため、開発が早められ、実際には、フレームのみがジム・コマンドで、ジムやジム改のパーツも多く、ジム・コマンドのプロトタイプ的なバージョンとなっています。

 設定的には、ジムとジム・コマンドの中間的な能力という設定ですね。
 どの程度、一般機に活躍の場があるかわかりませんが、VP戦線で活躍しそうな機体ですね。



ジオン公国軍
ケンプファー
ゲルググJ
ザクⅡ改
ハイゴック


 ケンプファーは、OVAでのみ登場した強襲用MSです。

 名前は、ドイツ語で「闘士」という意味で、終戦期に登場した高い攻撃力を持つ機体ですね。

 多彩な武装が特徴で、ジャイアントバズーカーⅡ、シュツルム・ファウストに加え、専用ショットガンやチェーンマインなど独特の武装もあります。ゲームでは、どの武装が実装されることになるのか注目したいところ。

 一般機なので、どこまでの性能があるかわかりませんが、NT-1アレックスに対抗しえるのは、これしかないので、高性能であってくれるといいのですが。


 ゲルググJのJは、イェーガーです。
 パイロットタイプにもあるので、多少聞き慣れていると思います。
 以前、このブログのコラムで書いたイェーガーの意味をコピーしてきますと……。

 Jaegerは、ドイツ語で狩人の意味。転じて、猟兵となり、現代兵器では、戦闘機の意味になった。
 猟兵という軍隊の始まりは、17世紀スウェーデンで結成された騎馬猟兵中隊とされている。


 ゲルググJは、戦闘機のイメージよりは、狩人や猟兵のイメージで、高い機動力と射撃力のあるMSですね。

 ゲルググを統合整備計画によって再設計した性能向上機で、ゲルググMのデザインを用い、背部の大型スラスターや、全身に追加された姿勢制御用のアポジモーターなどを装備した上、盾をもたないスタイルとなり、高い機動力をもっています。

 特徴である射撃は、大型ビームマシンガンとビーム・スポットガンという、距離に応じて使い分けられる2種類のビームガンの存在です。
 とはいえ、一般機なので、そこまでの高性能さは期待できないのが残念ですね。
 

 ザクⅡ改は、最終生産型ザクⅡという呼称もある、ザクⅡの最終バージョンですね。MS-06FZという型式番号から、FZ型とも呼ばれることがあります。

 統合整備計画で生産された機体で、カタログスペック上はゲルググ並みとされますが、実際には、ドムやジム・コマンドクラスの実力だったようです。

 OVAでは、バーナード・ワイズマンが搭乗して、サイド6のリボーコロニーに不時着します。クリスチーナの乗るNT-1アレックスと相撃ちとなりますが、映像作品で、ガンダムの名をつくMSを撃破した唯一のザクとなりました。

 登場時期が微妙ですが、設定どおりなら、今回の8機の中では、少し早めに登場してもおかしくはありませんが、結局はザクに過ぎず……。


 ハイゴックは、ゴッグを統合整備計画により改修した機体ですが、もともとのゴッグとはかけ離れたスタイルとなっています。

 水陸両用として開発されたゴッグでしたが、調整不足の結果、重装甲からくる重量過多による低い機動性や、メガ粒子砲の収束率が低いという問題点がありました。そこで、装甲を薄く軽量化した上、新型ジェネレーターを搭載して高出力化を実現、ゴッグとは異なり、回避力が高い射撃機体となりました。

 他のガンダム系のゲームでも、攻撃力より、回避力が目立つ設定になっていることが多いので、低壁として使える機体になるかもしれません。
 水域が戦闘地域になる戦場であれば、十分活躍の場があるかもしれませんね。



 非常に高性能機が両軍に実装されますね。
 しかし、先に書いたとおり、制限機が連邦側だけなのが、バランスを欠いてしまっています。
 この時期のジオン側のエルメスなどの弱体化も予想される中、NT-1アレックスとアレックスFAに対抗できるのでしょうか。

 バランス調整という面で、これまでユーザーの批判が大きかっただけに、今回の実装と既存機体の修正で、いいバランスを実現してほしいところですが、はたして?

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
アレックスは脅威になるかしれませんね、今回の修正で大規模戦の参加の自動がリセットされるのが、地味ですが助かりますよね。
2010/10/13(水) 01:22 | URL | アミル #-[ 編集]
 連邦だけ制限機が入るのが、おかしなバランスになりそうですが……。

 参加がリセットされる修正は、問題が発覚してから時間がかかりましたが、必要な修正ですよね。
 逆に敵軍にボーナス的な部隊もいなくなってことですね^^;
2010/10/13(水) 14:16 | URL | ウィニア #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。