GNO3戦線記

サザビーの実力は?

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 技術レベルがあがり、先行開発できる技術Lv14の機体性能が判明。
 各機体の詳細を見ていきたいと思います。

・ギラ・ドーガ
ギラ・ドーガ
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 GNO3のザクシリーズの集大成と呼べる機体です。
 なんといっても、シュツルム・ファウストの威力に注目。IフィールドをもつフルアーマーZZガンダムに対抗するには、格闘か実弾兵器がほしかったわけですが、ガ・ゾウムのミサイルでは物足りなかった現状、頼りにせざるを得ない機体といえるでしょう。

 また、搭載19の修理値43は、ザクⅢと同じです。回避65にシールドLサイズという性能で、この修理値は、VPのエース機となりえます。

 最前線でフルアーマーZZガンダムが配置されたときは、この機体が勝利の鍵を握るかもしれませんね。


・ヤクト・ドーガ
ヤクト・ドーガ
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 期待の大型MSのヤクト・ドーガです。技術レベル13に制限機がなかった関係上、任務や大規模任務では、フルアーマーZZガンダムの対抗馬にならないといけないのですが、実弾はありません。

 それでも、汎用機としては、十分な射撃能力がありそうです。ファンネルも通常武器も、量産型キュベレイより上で、キュベレイMk-Ⅱより下。白キュベレイよりわずかに下ですが、メガ粒子砲が距離4で安定的に撃てるので、こちらが上といっていいでしょう。

 一方、装甲28で、回避63のNT対応機なので、前衛としては、かなりの実力。
 盾もLサイズですし、ファンネルもあって、盾をもったキュベレイとして使えそう。格闘も性能が高いですが、格闘強化をいれると距離1でファンネルを発動しなくなるので、注意が必要ですね。

 キュベレイMk-Ⅱを射撃で使って、こちらを前衛として使うといいのかもしれません。

 また、ドーベン・ウルフと同じ搭載22ですが、前衛性能は、特殊武器の威力以外すべて上回っていますし、命中率の差で期待値は、ヤクト・ドーガが上になります。盾をもつNT対応機ということで、部下壁にするならガーディアンを乗せてこちらを使うほうがいいですね。

 ただし、修理値84と、VPに用いるには、少々つらいでしょう。

 とりあえず、任務・大規模任務において、今週の強壁の第1候補ですね。これまでキュベレイ用に回避機動をいれていた隊長は、盾防御に切り替えるタイミングを今週にするか、サザビーを待って来週にするか、悩みどころだと思います。


・サザビー
サザビー
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 ネオジオンの最終兵器、サザビーです。
 ヤクト・ドーガをサイコフレームをつかって小型化した機体ですので、武装は、ヤクト・ドーガと同系統で、すべての性能が上昇しています。
 特に、距離3~4の、拡散メガ粒子砲とファンネルは、大幅に性能アップしているので、遠距離に配置しても優秀な働きをしそうです。
 
 一方、機動力が大きく上がったはずですが、ヤクト・ドーガ自体の回避力が高めだったため、それほどの上昇に見えません。しかし、それでも、NT対応の回避67は、ネオジオン最強。ヤクト・ドーガ同様に硬い盾もあるので、前衛としても十二分の活躍が見られそうです。

 νガンダムを見ていませんので、どうなるかはわかりませんが、この機体にすべてをかける必要があるので、最終週には、隊長のスキルをあわせておきたいところですね。



 今週は、フルアーマーZZガンダムの登場で、苦しいことになりそうですが、ギラ・ドーガとヤクト・ドーガがどこまで通用するのか、がんばっていきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。