GNO3戦線記

技術レベル1~4を検証

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 第2クール1週目が終わりました。

 新技術レベルも見え、追加MSの中で最大の売りであるグフ・カスタムの姿も見える技術レベル4までの開発図が見えましたので、ここでジオン公国の開発図がどうなったのか確認し、新MSの検証をしてみたいと思います。

 まず、開発図は、こちら。
ジオン公国開発図Lv1~Lv4
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 2週目現在の画像です。
 新MSが導入されていますが、もとの開発図の空きに入ったわけではなく、旧来からのMSの開発にも変更点がありますね。
 技術レベル4まででは、ズゴックが、第1クールでは、アッガイとゴッグの両方から細いラインで繋がって、それぞれズゴック開発P10%減だったのが、現在は、ゴッグから太い線のみとなり、ゴッグの開発だけでズゴック開発P25%減になりました。

 また、今後の注目点では、開発ラインが、上下ともにないドムでしょうか。リック・ドムとの関連が切れて、そのリック・ドムがどこに移動しているのかなど、技術レベル5の予想が少し難しいですね。
(リック・ドムとビグロの下のラインがありませんでしたが、不具合ということで5月18日のメンテナンスで修正されました。画像も新しいものに差し替えました。5月18日16:20追記)

 それでは、追記にて、現時点でわかる新MSを1週終わった時点での感想とともに見ていきたいと思います。


 解説は、1週目が終わった時点の、まったくの個人的感想を含んでいますので、その点、悪しからず。

■高機動ザク改良型
高機動ザク改良型
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 ザクⅡFと同じ搭載12。基本的に宇宙で使うなら、地形補整もあるこちらです。

 性能を単純に比較しても、最大HP+2、盾装甲+1、先制+2、回避+3。
 序盤だと、回避+3は、結構大きいかもしれません。
 また、武器の威力・命中もそれぞれ少しずつ高いので、最初から宇宙という人には、欲しい機体になるかもしれません。

 ただし、現状、特に序盤の開発Pに余裕がない任務の仕様なので、初心者には、絶対おすすめできません。



■ザクⅡS型
ザクⅡS型
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 個人的には、結構意外に人気だった気がする、いわゆる指揮官用ザクです。

 地上で使える搭載13の機体は、ズゴックまでないので、1週目では、搭載余りを埋めるのに使えたのでしょう。

 性能は、ザクⅡFより数段上で、搭載+1以上の基本性能を誇ります。
 注目は、ザク・バズーカの70×2という威力で、搭載13では、破格といっていいでしょうね。

 同時に、宇宙で使える搭載13の機体がこれまではなかったので、次の宇宙用高機動試験型ザクとともに、出番がありそうです。

 ただし、地上では、もし搭載に余裕があれば、前衛性能も射撃性能も、全ての面でプロトタイプ・グフが大きく上回るので、あくまでも搭載の都合上、搭載13が必要なときに必要な機体でしょう。

 ズゴックの開発Pがまだまだ高い2週目だと、開発Pが半減している今、搭載13のあまりがある人は、開発候補にいれるのもありかもしれませんね。



■宇宙用高機動試験型ザク
宇宙用高機動試験型ザク
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 待望の(?)搭載13の宇宙専用機です。

 比較すべきは、同じ搭載のザクⅡS型でしょう。

 まず、前衛としては、回避+4に地形補整が入るので、高い回避力がある一方、ザクⅡS型は、最大HPが高く、Sサイズとはいえ盾があります。

 このパターンは、パイロットによってどちらを選ぶかということになりますね。回避機動もちなら、当然、こちらの出番です。

 一方、遠距離射撃の性能は、こちらが68×2の命中31で、ザクⅡS型は、70×2の命中29(それぞれ、距離4では、命中がもう少し下がります)。

 破壊力をとるならザクⅡS型ですが、命中に加え、先制値と高い移動能力がある分、こちらも十分検討の余地がありそうです。

 とりあえず、ほぼ互角といっていい内容なので、2週目までに必要なら、ザクⅡS型を。回避機動パイロットを乗せたいときや、開発Pが半減する3週目以降の宇宙用の穴埋めにするなら、こちらをおすすめします。



■グフ・カスタム
グフ・カスタム
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 搭載15の制限機で、前衛性能は、最大HP228、装甲29、回避49に加え、Lサイズ盾、盾装甲26をもつなど、飛び抜けてます。

 攻撃性能もこの時点なら十分な前衛機ですね。
 2列目でも破壊力と命中、両方が高いガトリングがありますし、もし、特殊装備のヒート・ロッドを毎ターン使えるパーツが揃っているなら、ゾックのかわりとして選択肢になるかもしれません。

 ただ、通常のように、ゾックを射撃にして並べたいとなると、ゾックより搭載が低いので、NPCの時期によっては、強狙い対策の調整が必要になりそうです。

 また、現時点では、開発Pがいくらになるのかわからないので、1週間、しっかり貯めていく必要があります。



 やはり、技術Lv4まででは、グフ・カスタムの高性能さが目立ちます。
 ただ、2機以上必要かと問われると微妙。
 マーケットなどでも、かつてのキュベレイのような大高騰は、ないかもしれませんね。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。