GNO3戦線記

技術11レベルの機体検証

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 技術レベル11の機体の情報が全て集まりましたので、それぞれ見ていきたいと思います。
 ジオン共和国は、画像がありますので、そちらを載せますね。

ハンマ・ハンマ
※画像をクリックすると、詳細が見られます。

バウ
※画像をクリックすると、詳細が見られます。


 アクシズは、ハンマ・ハンマバウでした。
 すでに、体験版にもあったので、結構噂がありました。わたしの予測も(その体験版の情報を知る前でしたが)当たりましたね。

 そして、ティターンズは、待望の制限機ジ・Oと通常機で最強の性能を誇るNT対応機バウンド・ドックです。
 前回の大規模任務を見ればわかりますが、不遇すぎたので、当然の強力MSの登場でしたね。
 ジ・Oは、NPC専用になるかなと、わたしの予想から外していたのですが、他の勢力にZガンダムとキュベレイがありますので、バランスの上で必要だったといえるでしょう。

 そして、エゥーゴが、だれも予想できなかっただろう、ジムⅢリック・ディアスⅡです。
 一応、リック・ディアスⅡは、わたしの予想リストに入ってましたが、他の勢力からすると最後の技術の登場にしては、残念でしょうか。
 すでにZガンダムがあるので、その支援用通常機の投入で、バランスをとったといえるのかもしれないですが。

 追記にて、各機体を検証したいと思います。


 あらためて検証していきましょう。まずは、ジオン共和国から。
 比べやすいように、こちらもテキストに起こしてみます。

■ジオン共和国/アクシズ

・ハンマ・ハンマ
 制限機 搭載21 稼働6 汎用3 補給17900
 HP312 装甲28 先制38 回避61 盾Lサイズ装甲32
1(格闘)ビーム・サーベル 130×1 距離1 命中78
2(射撃)3連装ビーム砲 74×3 距離1~2 命中58
3(射撃)メガ粒子砲 79×3 距離3~4 命中53


 全MS中最強の盾をもつ制限機です。回避61でHPも高く、盾防御をもつパイロットを乗せれば最強の壁として機能します。
 そして、壁性能が高いだけではなく、全ての距離の兵器がそれぞれ強力で、射撃としてもキュベレイの特殊兵器ファンネルを除くと最強といっていい性能です。こちらは特殊ではなく、毎ターン安定して距離4から撃てるため、こちらを好む人も多いでしょう。
 前衛の壁役としても、後衛の射撃役としても安定した性能を発揮する、アクシズ最強の機体ですね。


・バウ
 搭載20 稼働7 汎用3 補給10400
 HP240 装甲24 先制36 回避56 盾Lサイズ装甲26
1(格闘)ビーム・サーベル 109×1 距離1 命中74
2(射撃)ビーム・ライフル 64×3 距離1~2 命中54
3(射撃)メガ粒子砲 68×3 距離3~4 命中49


 一見して、ハンマ・ハンマの通常機バージョンといった感じですね。それぞれ一段階性能が低いです。
 しかし、その使いやすさは健在で、特に、隙のない射撃がよさそう。
 搭載の関係で、無理に制限機ペナルティを受けるより、こちらを2機導入するような選択肢もありそうです。



■ティターンズ

・ジ・O
 制限機 NT対応機 搭載21 稼働6 汎用3 補給19100
 HP312 装甲28 先制39 回避64
1(格闘)ビーム・ソード 130×1 距離1 命中80
2(射撃)ビーム・ライフル 74×3 距離1~3 命中60
3(特殊・格闘)隠し腕ビーム・ソード 89×2 AP7 距離1 命中82


 待望のティターンズのフラッグMSです。盾なし回避64のNT機ということで、回避機動持ちNTを乗せたとき、回避力が全MS中最高になります。
 その上、装甲28とHP312は、鉄壁といっていい性能ですね。
 特殊武装も格闘なので、キュベレイのときのように射撃強化スキルをいれなくても、格闘パイロットなら発動します。
 無理矢理難点を上げれば射撃に使うには、ちょっと厳しいので、2~3機導入するのは、ためらわれる点ぐらいでしょうか。
 ティターンズは、ジ・Oを前衛にして、後衛に通常機を並べていく編成が多くなりそうです。


・バウンド・ドック
 NT対応機 搭載21 稼働7 汎用3 補給12400
 HP252 装甲24 先制37 回避60
1(格闘)ビーム・サーベル 114×1 距離1 命中76
2(射撃)ビーム・ライフル 66×3 距離1~3 命中56
3(特殊・射撃)拡散メガ粒子砲 73×3 AP7 距離2~3 命中54


・バウンド・ドック[MA]
 NT対応機 搭載21 稼働7 宇宙4 補給12400
 HP252 装甲24 先制42 回避57
1(格闘)クロー 70×2 距離1 命中74
2(射撃)ビーム・ライフル 66×3 距離1~3 命中56
3(特殊・射撃)拡散メガ粒子砲 73×3 AP7 距離2~3 命中54


 技術レベル11で唯一の変形機構をもつ機体です。
 通常機なのですが、NT対応で、性能も通常機としては、破格の高性能です。前衛でも使えますが、ジ・Oに任せて射撃として使うのが基本でしょうか。
 射撃は、どちらの形態も同じ武装ですが、宇宙でMAとして運用すると地形補整の分、命中力が高まります。
 特殊とビーム・ライフルが両方距離3までなので、遠距離で使っても、中距離でつかっても、拡散メガ粒子砲が発動するのがいいですね。
 距離4の攻撃がもともと少ないティターンズですし、半端な距離4の兵器があるよりいいかもしれません。



■エゥーゴ

・ジムⅢ
 搭載18 稼働7 汎用3 補給9000
 HP216 装甲23 先制35 回避55 盾Lサイズ装甲24
1(格闘)ビーム・サーベル 100×1 距離1 命中73
2(射撃)ビーム・ライフル 59×3 距離1~2 命中53
3(射撃)大型ミサイル 69×3 距離3~4 命中41


 搭載18の通常機には、同じ搭載のスーパーガンダムがありますが、こちらは盾をもちますので、こちらを低壁に使う人も多いかもしれません。
 射撃性能でいえば、一撃の威力が高めの大型ミサイルですが、命中率と切り払いされることを考えるとスーパーガンダムのロング・ライフルが上といえるでしょう。
 基本は、やはり前衛で低壁として活躍させる方向でしょうね。


・リック・ディアスⅡ
 搭載16 稼働7 汎用3 補給7400
 HP192 装甲22 先制36 回避58 盾Sサイズ装甲18
1(格闘)ビーム・サーベル 91×1 距離1 命中74
2(射撃)2連装メガビームガン 55*3 距離1~3 命中54


 回避が高くなり、盾をもったリック・ディアスの後継機……なのですが、搭載値は同じです。
 回避が高いですが、逆にSサイズの盾をもったことで回避機動が適用できず、また、装甲もHPも低下しており、低壁として、使えそうもありません。
 射撃としては、リック・ディアスと比べると、距離4では、期待値が僅かにこちらが高い感じです。想定する敵の装甲しだいなのですが……。終盤は、当然、敵の装甲が高くなるため、一撃の威力が高いリック・ディアスのほうが期待値が高くなるので、あえてこちらを使うメリットはないかもしれません。



 技術11レベルだけで比べると、エゥーゴが悲惨に見えますが、技術10レベルにZガンダムとスーパーガンダムという高性能機があり、また、最強の前衛機体であるジ・Oがあるティターンズも技術10レベルが不遇でしたし、両者をあわせて考えるとバランスがとれているのかもしれません。
 前衛も後衛もこなせるハンマ・ハンマと、キュベレイがあるジオン共和国/アクシズがバランス的には優れているといえるかもしれませんね。

 ただし、大規模任務は、1機の性能が重要になるので、そう考えるとジ・Oが一歩リードといってもいいでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
ハンマはNT機じゃないですおー
2010/04/27(火) 06:32 | URL | ななし #-[ 編集]
 すみません、思い込みで間違えていました。
 記事を訂正させていただきました。ありがとうございました。
2010/04/27(火) 21:26 | URL | ウィニア #8yMdQc8A[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。