GNO3戦線記

優先武器を理解しよう

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 第2クールになり、以前引用していたFAQの内容も変化し、また新たに判明した仕様もあるので、以前、書いた初心者講座第7回「優先武器を理解しよう」を、新FAQにあわせて書き直しました。



 フォーメーションをなんとなく設定していても、意外とがんばることができる初心者向けの仕様になっていますが、それでは、やはり上位への壁は、高いです。

 特に、MSによっては、同じ距離の武器が複数設定されていて、どの武器で戦うのか、初心者には難しいところ。

 そこで、今回の記事では、第2クールで判明している新仕様にあわせて、できるだけわかりやすく解説したいと思います。



 引用などもあり、長文になりますので、本題は、追記に。


 まず、重要なのは、公式HPのFAQの以下の項目ですね。

Q 編成で機体の武器を選択する事はできますか?
GNO3では「フォーメーション」「パイロットのスキル」「武器の性能」によって、各ユニットが戦闘において優先的に使用する武器が決定されます。

まずフォーメーションで設定された「行動射程」により、下記の優先順位で使用武器が選択されます。

・行動射程:近距離
距離1で使用可能な武器>距離2で使用可能な武器>距離3で使用可能な武器>距離4で使用可能な武器

・行動射程:中距離
距離2で使用可能な武器>距離3で使用可能な武器>距離1で使用可能な武器>距離4で使用可能な武器

・行動射程:遠距離
距離4で使用可能な武器>距離3で使用可能な武器>距離2で使用可能な武器>距離1で使用可能な武器

同じ距離で使用可能な武器が複数ある場合は、パイロットがスキル「格闘強化」「射撃強化」を習得しているかどうかで使用武器が選択されます。
「格闘強化」のみを習得している場合は格闘武器が選択され、「射撃強化」のみを習得している場合は射撃武器が選択されます。
「格闘強化」と「射撃強化」の両方を習得している場合、あるいはどちらも習得していない場合は、格闘武器が選択されます。

さらに使用可能な格闘武器(あるいは射撃武器)が複数ある場合は、その距離においてより性能の高い武器が選択されます。

なお戦闘中に、攻撃目標までの移動力や射程が不足していて、上記の手順で選択された武器を使った攻撃を行えない場合は、「その機体が使用可能な武器の中で最も性能の高いもの」が自動的に選択され、その武器の種別に応じた距離で攻撃を行います。



 わかりやすいような、わかりにくいようなリストですね。

 まとめると次のようになります。

「近距離」 優先する射程距離:1>2>3>4
「中距離」 優先する射程距離:2>3>1>4
「遠距離」 優先する射程距離:4>3>2>1


 近距離は近い方から、遠距離は遠い方からと覚えると簡単ですね。

 問題は中距離ですが、現時点で公開されている兵器は、すべて距離2の武器をもっているので、必ず距離2の武器を優先します

 つまり、次のように書き換えていいでしょう。

近距離:射程の短い武器を優先
中距離:射程距離2の武器を優先
遠距離:射程の長い武器を優先
 

 例えば、距離2~3と3~4の兵器をそれぞれもっていて、遠距離の位置に配置した場合、どんなに距離2~3のほうが命中率が高かったりダメージが大きくても、距離3~4を使用しようとします。

 ただし、まったくそれ以外の射程の兵器を使わないかというと、そうではなく、どうしても優先する射程距離まで移動できなかったときだけ、他の武器も使います。このときの武器や行動については、後に回しますね。



 次に、同じ距離の武器があるときですが、このときは、まずは、スキルで決まります。

 このとき、特に問題になるのが、近距離のときでしょう。
 キュベレイを例に挙げて解説していきますね。

1 ビーム・サーベル(格闘)攻撃力126×1 距離1 命中79
2 ビーム・ガン(射撃)攻撃力72×2 距離1~3 命中54/59/54
3 ファンネル(特殊・射撃)攻撃83×3 距離1~4 命中56/61/61/61


 距離1は、全部の兵器で使用可能ですね。

 このとき、近距離に配置すると、どの武器を使うのかは、パイロットの「射撃強化」と「格闘強化」のスキルから。
 射撃強化をもっていれば、射撃武器。もっていない、もしくは、両方もっているときは、格闘武器を優先使用します。

 そして、射撃強化をもっているなら、ビーム・ガンかファンネルの選択になります。
 このとき、両方とも使用できる場合、つまりファンネルが使用できるAPがたまっている場合は、武器の性能が高いほうが選ばれますが、APが必要な特殊武器は、性能が高いので、つまり、ファンネルが選択されることになりますね(もちろん、APがたまってなければ、ビーム・ガンを使います)。


 キュベレイ以外のMSでも、同距離で使える武器が複数あるMSもありますが、私が確認したものは、すべて、格闘・射撃の違いがあるか、一方が特殊武器でしたので、「性能が高い武器」の判別は可能だと思います。


 つまり、ファンネルを距離1でも使わせたいなら、素直に射撃強化をもつパイロットを乗せて、格闘強化をもたせなければokということですね。

 
 部下の場合は、防御型で射撃のスタイルといえば、ガーディアンかアサルトですが、キュベレイは盾がないので、アサルトでNTのパイロット1択になりますね。

 隊長の場合は、射撃強化をもたせておけばよく、格闘強化をもたせると使わなくなりますので、注意しましょう。



 次の遠距離の例として、ドライセンを使う場合を見てみましょう。

 ドライセンの武器は、次のようになります。

1 ビーム・トマホーク(格闘)攻撃力109×1 距離1 命中71
2 ビーム・キャノン(射撃)攻撃力53×4 距離1~3 命中50/55/50
3 トライブレード(特殊・射撃)攻撃力84×3 距離1~2 命中49/49


 遠距離にすると、優先されるのは、射程4の武器がないため、次のビーム・キャノンを距離3で使います。ビーム・キャノン自体の命中力は、距離2が一番高いですが、常に距離3に移動して使おうとしますね。

 特殊武器のトライブレードを使って欲しいですが、残念ながら、基本的に使ってくれないでしょう(移動の状況でたまたま距離3まで移動できなくて、距離2になったときぐらいですね)。
 つまり、トライブレードを使って欲しい場合は、中距離で使うか、近距離で射撃タイプのパイロットを乗せる必要があるということになります。



 さらに、ここから新しくFAQに書かれて判明した事項です。

Q 射程を「近距離」に設定したユニットが、「遠距離」から攻撃を行う場合があります
攻撃目標までの移動力や射程が不足していて、フォーメーションや習得スキルにより設定された武器を使った攻撃を行う事ができない場合は、「その機体が使用可能な武器の中で最も性能の高いもの」が選択され、攻撃が行われます。
なお、ここで選択された武器が射撃武器であった場合は「攻撃可能な距離の中で最も遠い距離」から攻撃することを優先します。格闘武器であった場合は「攻撃可能な距離の中で最も近い距離」から攻撃することを優先します。



 つまり、移動開始時点で、移動した後に優先武器が使用できなければ、フォーメーションの位置や、パイロットのスキルなど関係なく性能が高い武器を使用します。
 
 さらに、このときも、スキルなど関係なく、射撃武器だったら最も遠い距離で使おうとし、格闘武器なら最も近い距離=距離1で使うということです。

 注意すべきは、遠距離のパイロットが敵に接敵されて、使いたい射撃武器が使えるところまで移動できない場合でしょうか。格闘武器を使うように選択されてしまうと、自ら距離1で敵に近づいて攻撃してしまうことになってしまいます。

 基本的な対処としては、すり抜けスキルで足止めされないようにしたり、移動力を高めるパーツをつけるなどでしょう。

 ただし、こういう事態は、あまり発生しないものなので、神経質になりすぎる必要はありません。 



 これらの優先される武器を知っておくことで、MSの性能を期待通りに発揮させることができるようになります。
 隊長のスキルの調整とともに、武器の詳細もよく見て、フォーメーションを決めてくださいね。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。