GNO3戦線記

第10クールは、オッゴのみ。

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 公式HPに第10クールのアップデート情報が発表されました。

 すでに情報が出ていたパーツと、+機の調整を除けば、新追加MSだけでした。

公式HP「機体追加情報」
(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents_update_2012_04_001.html)


■ジオン公国軍

●オッゴ

 OVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO -黙示録0079-』第2話・3話に登場する兵器オッゴ。冗談みたいなこの兵器が、第10クールジオン軍唯一の新MSです。

 宇宙用の工作機にしか見えないですが、ソロモンが陥落する時期に、技術本部が「決戦兵器」と称して緊急開発した駆逐モビルポッド……ですが、やっぱり工作機に旧式の武器を積んだだけで、ボールといい勝負というのが真相。

 新型の決戦兵器のはずですが、戦況の不利から、ザク用の部品を流用してとりあえず作られたもので、MS数の不足を補うために作られました。


 技術レベル6での登場で、性能には、かけらも期待できませんが、もし、これが連邦の先行量産型ボールと同じ搭載9の軽量支援機となれば、VPや重量編成の余りに入れるなど、使いどころもあるのですが、どうなるでしょうか。




■地球連邦軍

●陸戦強襲型ガンタンク

 『機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線』に登場するガンタンク型のMSです。

 一年戦争初期に、ガンタンクの試験機を、対MS戦用に改良したもので、あくまでもMS不足を補うための間に合わせでした。

 通常のガンタンク形状のスタイルでの砲撃支援スタイルと、上半身をスライドさせて低姿勢で高機動で運用する突撃砲形態への変形が可能。

 原作では、3機の突撃部隊で、機動力を活かして、多数のマゼラアタックグフカスタムなどを撃破している。

 しかし、機密保持の自爆装置を積んでおり、事実上の特攻兵器でした。


 性能しだいではあるものの、ジオンと違い、技術3ということで、序盤の軽量MSとしての活躍できるかもしれない。

 まさか、これが主力になるほどの高性能で実装しないとは、思いますが……はたして。



 両軍ともに、とりあえずな兵器。

 搭載が軽量なら、どちらも使えそうですが……。

 ジオンでは、今後、先行量産型ボールなみに軽量な宇宙MSは、まずなさそうなので、このオッゴが最軽量MSとなることを願うばかりです。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
ウィニアさん

9クール おつかれさまでした^^

オッゴ期待していいですかねぇ?w

来期もよろしくおねがいします^^

2012/04/15(日) 17:31 | URL | ガミラスのメリー #-[ 編集]
 コメントありがとうございました。

 第9クールおつかれさまでした^^

 オッゴは……ネタ機には違いないですが、ぜひ最軽量支援機であってほしいですね。

 第10クールもよろしくお願いします。
2012/04/16(月) 18:39 | URL | ウィニア #8yMdQc8A[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。