GNO3戦線記

2012年07月

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 第11クールが開幕しました。

 修正は、わずか2点。通常の追加MSもありません。

公式HP「第11クールのアップデートについての予告」
(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents.php?id=511)


・「特別補給システム」の実装
・「☆任務」の追加

 ふたつしかありませんが、しかし、このふたつは、大きな変化です。

 まず、特別補給システムから見ていきましょう。

特別補給1


 特別補給は、通常の「機体補給」内の左下にボタンがあります。
 初めて見たときは、気づかず、少し探し回りました。

特別補給2
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 この画面が「特別補給」です。現在は、公開されているクール前半6機のみが表示されています。

 なお、追加されているMSは、こちら。

公式HP「【新型機体】第11クール前半の特殊機体12機を発表!」
(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents_update_2012_07_001.html)


ザク強行偵察型
グフRR
高機動型ザク後期型/JR
ゲルググ初期生産型/AG
高機動型ゲルググ/JR
ゲルググM・S/CG


 とりあえず、微妙に性能が異なるということですが、過去のゴールデンタイム任務などで特別に登場したMSたちです。

 問題は、300Pの申請ポイントの使い方。FAQでは、途中で増えないと明記されているので、クシャトリヤなど、後半の機体に何P残さないといいのかわからないため、前半では、非常に使いづらいというのが、何も情報がない第11クール前半の現状です。

 もちろん、どのMSも、一歩リードできる高性能MSだけに、温存するか、序盤から導入していくのか、賭けに出る必要がありますね。



 そして、「☆任務」の追加を見てみましょう。

公式HP「【システム・その他】『☆任務』実装のお知らせ」
(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents_update_2012_07_002.html)


 簡単にまとめますと。

・日曜日・月曜日の限定任務
・敵軍の☆機が鹵獲できる。
・毎週鹵獲できる☆機体は変わる。
・専用エンブレム(12種)がもらえる


 毎週変わるということから推測すると、鹵獲できる☆機は、通常の鹵獲可能任務と違って固定されるようですね。

 最も敵の☆機がほしいタイミングといえば、ジオン共和国となった直後。先行開発機は無理だとして、ガンダムMk-Ⅱ☆が手に入ると大きそうですが、ネモ☆メタス☆だと、やる価値がなさそうです。

 これも、オフィシャルのバランス感覚しだいなのですが……どうか、量産型キュベレイ☆などを敵に渡すのに、こちらには、FAガンダムMk-Ⅱ☆は、もらえないような不公平は、止めてほしいものですね。

スポンサーサイト
 ネオ・ジオンの開発図を更新します。

ネオ・ジオン開発図_第10クール確定
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 前期のみと思われていたプレミアム機体ナイチンゲールが今期も登場。補給が52000P少なくなりました。

 今後とのぜひレギュラー化してほしいですが、新仕様も発表されており、それしだいでは、その価値は下がりそうです。


 また、今期の追加は、ガルスKでした。これは、ガ・ゾウムよりも軽量なMSでしたが、それ以上に性能が悪すぎて、使用している人をほとんど見かけないMSでしたね。

 VPオンリーのMSばかりで、今期MP中心のジオンプレイヤーにとって、まったく何も新MSがなかったような感覚に陥ります。
 次のクールから新仕様もあるので、様変わりすると思いますが、通常のMSの追加も続けていってほしいものですね。

 アクシズの開発図を更新します。

アクシズ開発図_第10クール確定
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 更新したものの、初めてアクシズでMSが追加されず、微妙な配置の変更もないので、基本的に同じものです(画像は、第10クールのもの)。

 他勢力、特に主人公勢力の有力MSが出尽くしたからでしょうが……。アクシズ序盤が原作通り不利なジオン共和国の貧弱MSばかりな上、さらに当初は、キュベレイ以降の高性能機で追いつくことができた戦力差が、その後の修正で同等となり、他ルートとのユーザーレベル差が開いたままになっている現状への対処がとられぬまま。

 今期の新MSなしは、オフィシャルがすでにGNO3のゲームバランスをとる気がなくなったことの証明でしょうね。

 第10クールが終戦を迎えました。第10クールのジオン軍の開発図です。

ジオン軍開発図_第10クール確定
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 新MSは、連邦の先行量産型ボールに相当する軽量小型のオッゴでした。

 VPにとって重要な宇宙専用の軽量機で、いままで格差があったのですが、差が縮まったことはよかったと思います。
 しかし、戦力差に影響を与えるものではなく、大規模戦などでは、相変わらずジオンの苦しみは続きます。


 前クール同様、ジオン期の新MSが1機のみで、来クールから新仕様導入ということで、今後の通常の新MSがどうなるのか……。十分に注意が必要でしょう。

 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。