GNO3戦線記

2012年01月

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今クール、1年戦争期唯一のジオンの新MSギガンが開発可能となりましたので、画像とともにみていきたいと思います。

・ギガン
ギガン
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 大方の予想どおり、軽量の搭載13の実弾砲撃機となりました。
 砲撃性能は、搭載比でいえば、それほど悪くはなく、ザクⅡ陸戦型を搭載1差の分だけ強化したような性能です。

 ただし、連邦の優秀なビーム射撃MSのジム・スナイパーとは、同搭載ながら、天地の差の性能。
 修理値が低めなので、VPでは、主力砲撃としてつかってもいいかもしれませんが、通常の任務や大規模任務などでは、搭載余りがちょうどいいときだけ入れる形になりそうです。


 ジオン公国期、唯一の新MSがこれだと、とても新型導入という感じはしないので、前クールとまったくかわらないといっていいでしょう。
 よっぽど、ゾックのビームが距離4になった影響のほうが大きく、ギガンが霞んでしまっていますね。

 新型機続々実装という数クール前の売り文句を完全に裏切った形となったアップデートでした。


スポンサーサイト
 先行開発が可能な機体もあわせて、どのレベルで登場してくるのか、作戦ごとにまとめた表です。

 先行開発が可能な機体は、本来の技術レベルより1段階早く記載しています。
 そのため、通常機であっても、そのレベルで鹵獲不可能な機体が含まれている点に、ご注意ください。

 作戦名は、最終戦後のエンディングで表示された大規模任務の名称に統一しております。

大規模任務 
技術レベル
地球連邦ジオン公国
デラーズ・フリート
シアトルの戦い 
2
61式戦車
初期型ジム
セイバーフィッシュ
先行量産型ボール

ボール
陸戦型ガンダム
陸戦型ジム
ガンタンク
ガンキャノン

ジム
ジム・キャノン
ジム指揮官用
ジム・スナイパー
ジム寒冷地仕様
アクア・ジム
ドップ
ザクⅡF型
マゼラ・アタック
ザクⅠ

プロトタイプ・グフ
高機動型ザク改良型
アッガイ
ザクⅡS型
ザクⅡF陸戦型

グフ
宇宙用高機動試験型ザク
ゴッグ
ザクキャノン
ヅダ

オデッサの戦い
3
プロトタイプ・ガンダム

ジム・コマンド地上用
ジム・コマンド宇宙用
Gファイター
陸戦用ジム
ガンダイバー 
ザクレロ
ゾック


ドム
ズゴック
ザクⅡF2型
高機動型ザク後期型
ギガン
ジャブローの戦い
4
ガンダム
ガンダムEz8


ジムSC
ジム・ライトアーマー
量産型ガンタンク
ジム・スナイパーⅡ
デザート・ジム
グフ・カスタム
ビグロ


リック・ドム
ゲルググ
ザクⅡ改
ハイゴック
ソロモンの戦い
5
G-3ガンダム
フルアーマーガンダム

パワードジム
ジム改
ジム・ストライカー
ガンキャノンⅡ
ギャン
エルメス
ゲルググ初期量産型

リック・ドムⅡ
ドム・トローペン
ケンプファー
ゲルググJ
ズゴックE
ア・バオア・クー
の戦い
6
NT-1アレックス
アレックスFA


ジム・キャノンⅡ
ジム・カスタム
RX-81スタンダード
ジオング

ドラッツェ
ゲルググM
ガルバルディα
阻止限界点の戦い 
7
GP-01
GP-01Fb
GP-03S
GP-02
(ビーム・バズーカ装備)
ガーベラ・テトラ
ザメル
ヴァル・ヴァロ
ゲルググM・S型
※太文字は、制限機です。



大規模任務 
技術レベル
エゥーゴティターンズジオン共和国
アクシズ
ジャブロー降下戦
8
ジムⅡ
リック・ディアス

メタス
ガンダムMk-Ⅱ
ネモ

ディジェ
ガンダムMk-III
フルアーマーガンダム
Mk-Ⅱ
ガンキャノン・
ディテクター
 
ガルバルディβ
アッシマー
ヘイルズ改

ハイザック
ハイザックカスタム
マラサイ
ガンダムMk-2

ガブスレイ
ボリノーク・サマーン
 
ガルバルディβ
ペズン・ドワッジ

ハイザック
ハイザックカスタム
ガッシャ
ディザート・ザク
 

ガザC
リゲルグ
ドワッジ改
ニューホンコン 
の戦い
9
百式

スーパーガンダム
フルアーマーガンダム
Mk-Ⅲ
ネモⅢ 
ギャプラン
メッサーラ

バーザム
ハンブラビ
ゼク・アイン
第一種兵装
ゼク・アイン
第二種兵装
アクト・ザク

ドライセン
ガザD
ガルスJ
シュツルム・ディアス 
ダカールの戦い 
10
Zガンダム
百式改


ジムⅢ
リック・ディアスⅡ
ZプラスC型
ZプラスA型
バイアラン

バウンド・ドック
パラス・アテネ
ゼク・ツヴァイ
キュベレイ

バウ
ズサ
カプール
コロニー・レーザー
攻防戦
11
フルアーマー百式改
ジ・Oハンマ・ハンマ
R・ジャジャ
※太文字は、制限機です。


大規模任務
技術レベル
地球連邦ネオ・ジオン
 ダブリンの戦い
12
ZZガンダム
百式改量産型
ディジェSE-R
FAZZ

ZⅡ
キュベレイMk-Ⅱ
ガ・ゾウム
ザクⅢ
ジャムル・フィン

ドーベン・ウルフ
量産型キュベレイ
コア3の戦い 
13
フルアーマーZZガンダム
Sガンダム

ジェガン
リ・ガズィ
リ・ガズィ[BWS]
ゲーマルク
ザクⅢ改

ギラ・ドーガ
ヤクト・ドーガ
アクシズの戦い 
14
νガンダムサザビー
※太文字は、制限機です。


 次クールのアップデート情報が公開されましたので、みていきたいと思います。

■公式HP『第9クールのアップデートについての予告』
(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents.php?id=427)


■公式HP『【新型機体】第9クールにも新型機体が続々登場!』
(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents_update_2012_01_001.html)


 ■機体・開発
 ・新たな開発可能機体の追加
 ・既存機体のパラメータや武装の変更
 ・開発期間の短縮
  機体の開発/改良に要する時間が以下に短縮されます。
  ・開発/改良:約5分
  ・先行開発:約10時間


 開発機体の追加は、連邦、ジオンともに、なんとたった1機のみ。どこが“続々”なのかと。

 技術レベル4の地上で、砲戦機として、独特のフォルムから、コアなファンに支持されているマニアックなMS、ギガンが登場します。

 詳しくは、登場時に見ることにするとして、連邦が水中用のガンダイバー。バランスがとれてるかは、わかりませんが、どちらも制限機ではないので、大きな影響はなさそうです。

 既存機体のバランスが調整されるので、こちらに注目でしょう。

 ここまで、ジオン側では弱体させ、連邦では強化されてきましたが。その流れが変わるかどうか……。
 たぶん、オフィシャルのバランサーが連邦側に偏っているのでしょうね。

 開発時間の短縮は、ゲーム性と関係のない縛りなので、即完了でもいいぐらいのもの。
 先行開発が10時間になるということは、最短で開発すると、だいたい、日曜朝10時20分ぐらいになるでしょうか。微妙な時間ですが、これなら、つなぎのMSを確保しなくてもいいということになりそうですね。



 ■ランキング
 ・個人VPランキング報酬の変更
  個人VPランキングで100位以内に入賞した時に獲得できる戦功が増加します。


 VPランキングの報酬があがります。
 個人的には、VPランキング100位など、かすったこともないので、関係はないですが、うれしい人は多いはず。



 ■戦闘
 ・戦闘マップ「宇宙要塞」の地形種別の変更
  「宇宙要塞」の地形種別が「宇宙:SPACE」から「重力:GRAVITY FIELD」に変更されます。

 ・戦闘エリアの地形の比率の変更
  通常戦闘を行なった際に、戦闘マップの地形が「水辺:WATER SIDE」や
  「重力:GRAVITY FIELD」になる確率がこれまでより高くなります。


 宇宙要塞に重力があるかというリアリティ面では問題がありますが、ゲーム的には、いろんな地形を考慮する必要性が高まることになりますね。
 水辺などが高まるということですので、水陸両用などのMSの、相対的な性能アップともいえそうです。

 はたして、アッガイ部隊に日が当たるのか?



 ■任務
 ・任務募集条件の変更
  「Lv制限」の項目に「1Lv下まで」が追加され、「5Lv下まで」が削除されます。

 ・任務参加画面への種別アイコンの表示
  任務参加画面においても「競合」「GT」「レア」という任務の種別を示すアイコンが
  表示されるようになります。

 ・大規模任務の戦闘マップの変更
  一部の大規模任務で使用される戦闘マップが変更されます。


 任務での制限が、1段階上に引き上げられます。

 強さは、レベルだけでなく、使用MSの構成にもよるので、あんまり厳しくても、入ってもらえないだけになるので、注意が必要です。
 わたしは、5レベル下までの設定にほとんどしていたので、次からは4レベル下にする必要がありますね。
 3とか4の中間は、いらないけど、5は残してほしかった。

 任務のアイコンは、特にバランス的な問題はない修正ですね。

 大規模任務での戦闘マップの変更は、やってみないとわからないものですね。地形適正に影響が出る(水域になるなど)なら、事前の告知がほしいですが。



 ■その他
 ・「副隊長システム」の実装
 ・部下パイロットの名前変更機能の実装

 ・敵編成の切り替え時刻の変更
  毎週木曜日に行われる敵部隊の編成切り替えの時刻が
  「20時」から「22時」に変更されます。

 ・アイテム補充時の確認ダイアログ表示の省略
 ・定期補給で配布される開発ポイントの増加
 ・「最後方」に出現する敵部隊の強さの調整


 以前から告知のあった、副隊長システム。
 これで、副隊長に前衛を任せて、自分が射撃というスタイルも、難易度が下がるかも。

 部下パイロットの名称変更は、やっとかという実感。隊長の名称変更は、オンラインゲームでは問題がありますが、部下は変更できたほうが都合がいい(名前順でソートされるため)ので、早めに導入してほしかったですね。

 木曜の編成変更は、22時のほうが、多くの人にとって、ログインして対応しやすいでしょうね。

 アイテム補充時のダイアログは……アイテムを引くのが苦痛になっているので、多少よくなりそうですね。
 一度に複数ひけないと、あんまり緩和にはならないのですが。

 定時での開発Pの増加は、序盤や尉官クラスの人にとっては、朗報でしょう。

「最後方」の調整は、どうなるのかわからないのですが、それだけならほとんど意味がなさそう。全体の調整をして、連邦だけ早い週に最前線に多くの人がいけるバランスを整えるべきだろうとは思うのですが。



 走り気味に見てきましたが、たった1機の追加しかないのが……。

 それも、ギガン高機動型ゲルググや、ゲルググキャノンといった、期待が持てるMSではなく、ギガン

 この尻すぼみな感じは、もうGNO3を切り捨て始めたのではないかと、危惧するばかりです

 全MSを開発しおえたので、ジオン公国軍開発図を第8クール確定版に差し替えます。
 今期も、最初から全機を開発していく余裕はないため、最終週での更新となりました。

ジオン公国軍開発図_8クール確定版
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 通常機は、改良機(通称☆機)に統一しています。

 前クールから、いろいろ変わっていますが、新MSが通常機の高機動ザク後期型ズゴックEで、印象が薄かったかも。

 前クールに、GT任務で、高機動型ゲルググ/JRが出たため、高機動型ゲルググの実装が期待されたのですが……。
 次クールに、高機動型ゲルググゲルググキャノンなどの実装があると、バランスがとれると思いますが、さてどうなるでしょうか。


 クール最終週で、全MSの開発・改良が終わりましたので、アクシズの開発図を更新します。

アクシズ軍開発図_8クール確定版
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 新型MSのシュツルム・ディアスが入り、開発図に変更がありました。

 それとともに、バグがあり、右スクロールできず、カプールが消えてしまいました。

 作戦が始まったあと、開発済みとなって全員が購入可能となりましたが、開発図の修正は行われず、さらに、補填も何もなく、最悪なクールでしたね。


 アクシズ勢力は、バランス的な不満もすでに爆発しているのですが、このバグと補填なしという仕打ちに、止めてしまったプレイヤーも見かけられました。

 第8クールも全機開発が終了しましたので、開発図を更新します。

ネオ・ジオン開発図_第8クール確定
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 画像は、新しく撮影しなおしたものなのですが、まさかの新型MSなしで、前クールから、まったく変わっていません。

 年末年始を挟むからといっても、これでは、今まで「大量のMSを導入していく」と告知していたことを裏切ったもので、今クール全体の新MS数も、1勢力わずか4機で、過去最低となりました。

 今までは、「次のクールに期待」と書いてきましたが、もう期待すらできないのでしょうか……。

 新年あけましておめでとうございます。

 本年も、まったり更新していきますので、よろしくお願いします。



 昨年は、まさかの、CCA期に新MSなしということで、新MSの話題がなく、記事が1ヶ月以上あいてしまいました。

 今年も、アップデートに期待できませんが、アップデート情報を中心に、コラム形式を目指して書いていきたいと思います。


 今後ともよろしくお願いします。


 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。