GNO3戦線記

2010年07月

GNO3(ガンダムネットワークオペレーション3)の非公認ブログです。日記的な要素を少なめに、雑誌のコラムのようなスタイルを目指しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■公式HP「『ガンダムZZ』『逆襲のシャア』追加の予告」(http://member.gno3.ne.jp/html/info_contents_update_2010_07_003.html)

 今クールから、ついに、ZZガンダムと逆襲のシャアが実装されます。

 元々、サービススタート時から実装が予告されていたものですね。わたしは1年ぐらい経ってからかなと思っていましたが、わりと早かったかな。

 逆にいえば、今回は、そこまでの期間で、これ以上のMSの追加は期待できないのかもしれませんね。


 内容を見てみると、今回の情報でわかっているのは、3週間延びるということですね。
 下で、新型MS第1弾として、ZZガンダムディジェSE-RキュベレイMk-2ザクⅢの4機の登場が発表されています。

 では、追記にて、それ以外にどのようなMSが登場するのか、登場MSを再確認してみたいと思います。
[「ZZガンダム」&「逆襲のシャア」実装決定]の続きを読む

スポンサーサイト
 第3クールになっていろいろ仕様変更がありました。

 前回の記事に書いた先行情報に関係するものも含め、1週目4日目の現時点で影響が大きいものをピックアップしてみたいと思います。

1.MSの補給の上昇
・技術1
 ドップ 1100→2700 (+1600)
 ザクⅡF 3100→4800 (+1700)
・技術2
 プロトタイプ・グフ 6100→8600 (+2500)
 ザクⅡS 4900→7600 (+2700)
・技術3
 グフ 5300→7500 (+2200)
 ゾック 11100→21500 (+10400)


 上昇率は一定でなく、特に、法則性もなくて、完全にバラバラですね。
 特に、ゾックを見ると、2倍近い上昇なので、制限機は2倍近い上昇かもしれません。補給がもらいやすい任務を中心に回すのが基本になりそうです。

 現在、トレードチャットを見ると、軒並み前クールの補給が余ってた常識のままデフレ進行なのですが、そんな安売りが基本となってしまっては、後々大変そうですね。



2.部下の初期能力アップ
 地味に初期値の能力アップは、ある程度パーツが揃ってさえいれば、補充MSなどなく、いきなり後方に移動しても高い勝率となるものでした。
 特に、次のフォーメーション変更を理解して、パーツとパイロットを適切に配置しておくことで、4クール目も最初から後方に移動することが十分可能でしょう(パーツとパイロットがある程度揃っていることが条件ですが)。

 移動を早くできる分、育成のスピードも上がるため、前クールよりも、通常・前線・最前線への押し上げのタイミングもそれだけ早まりそうで、その見極めが重要となってきそうですね。



3.フォーメーション変更
 現時点で感じる1番の変化でしょう。
 攻撃シフトや速攻などで攻撃的に組む編成が目立っていましたが、それらが使いづらい状況になっています。

 特に、攻撃シフトと護衛・攻撃型は、全機、装甲が大幅ダウンしており、リスクが高くなっています。
 十二分に強化した回避型の隊長と、高性能な回避能力をもつMSを壁にするか、壁が落とされても、火力で完全に押し切れる高火力MS・MAの複数配置が必須となってきそうです。
 任務で使うには、事故率が高まる可能性があるので、安易に使うと迷惑をかけたり、失敗してしまうリスクも含んでるといえそうです。


 なお、パラメータ上昇率だけでいえば、基本型が一番いいため、これが中心になっていくかもしれません。常識的に考えると、基本が一番多くなるのは、自然な気もしますね。



4.新型機
■ザクレロ
ザクレロ
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 連邦に汎用の制限機、プロトタイプ・ガンダムが出ますので、宇宙用の制限機として登場した感じですね。

 補給がゾックなみに高く、この時期としては、数揃えるのが大変そう。任務中心でやっていても、3機目をマーケットなどで手に入れるのは、不可能かもしれません(開発する人も少なそうですし)。

ジオン公国軍開発図_1週目
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。

 ザクレロは、開発図でゾックの隣に割り込んだような形ですね。ゾック側に開発ライン(太)が延びています。
 ビグロに繋がるラインと予想できますが、ビグロの開発を25%ダウンさせるとなれば、2クールから宇宙にあがる人には、必須の機体になりそう。
 ただ、大規模任務は地上なので、こちらを選ぶと、ソロアカウントだとチームなどの支援がなければ、ゾックの開発や補給値の確保が難しそうですし、大規模任務での活躍は、しばらくお預けになるかもしれませんね。



 現時点で、影響が大きそうに感じた修正点をピックアップしてみました。

 部下の初期能力アップやフォーメーション変更は、両軍ともに同じものなので、戦況への影響は、少なそうですが、補給の上昇が機体ごとバラバラであるのため、多少の有利不利が発生している可能性があります。

 また、プロトタイプ・ガンダムの実装は、2週目大規模任務が連邦に有利に働くことが明らかです。
 もともとゾックの存在からジオン優位だったので、連邦の2週目強化は、当然必要だったことは間違いありませんが、強化しすぎてはないかと心配になっています。

 ゾックを使用する場合、攻撃シフトをつかって、ゾックの高い装甲と高火力で押し切るような形が多かったですが、その攻撃シフトがゾックの装甲を活かしづらい修正になっているので、盾をもつ上に装甲も回避も高く、さらに十分な火力も備えてるように見えるプロトタイプ・ガンダムに対抗できるのか、非常に心配にです。

 もちろん、実際にやってみないとどうなのかわかりませんが……うまい調整になっていることを祈るのみですね

公式HP第2クール終戦/第3クール開戦についての予告

 第3クールの新仕様に関して、発表がありました。
 以前から発表されているものも含めて、アップデートの部分のみ抜き出してみますと。

●アップデート
第3クールで予定しているアップデート内容は以下のとおりです。

 ・オペレーター機能の追加
 ・ワールド移動機能の追加
 ・修理値の影響度合いと、機体の修理値を調整
 ・部下パイロットの初期能力を調整
 ・フォーメーションの内容を調整
 ・盾装甲を調整
 ・一年戦争序盤に制限機を追加
 ・クールリセット時の編成状態に選択しているフォーメーションも引継げるよう
  に修正
 ・機体返却ボタンの位置を変更
 ・訓練画面にペナルティ回復までの戦闘回数を表示するように修正



 追記にて、1項目ずつ確認します。

[第3クールの新仕様]の続きを読む

 技術レベル10となり、全技術が確定しましたので、アクシズの開発図を掲載します。

 ジオン公国軍は、以前の記事「ジオン公国軍開発図(第2クール確定版)」(http://winnia.blog29.fc2.com/blog-entry-20.html)をご参照ください。

アクシズ軍開発図
※画像をクリックすると、縮小していない画像になります。


 第2クールで増えたのは、ガザDのみで、3国中最も変化がなかったといえるでしょう。

 バウ、ハンマ・ハンマも、補給が増えた以外の修正はありませんでした。


 アクシズ・ジオン共和国は、元のバランスがよかったということはありますが、ガザDだけでは、さすがに、百式改がはいったエゥーゴや、ガンダムMk-2が導入された上に、ガブスレイの射撃が上方修正されたティターンズより、変化に乏しすぎる感じがしますね。

 | Copyright © GNO3戦線記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。